小鑓隆史 安倍昭恵さん 対談 PDFダウンロード

ラストサンデー

2014年07月07日 更新

こんばんは。こやり隆史です。
本日はラストサンデー。午前中は草津市内で遊説し、午後からは大津、近江八幡、彦根と個人演説会に回ってまいりました。演説会のほうは、多くの会場で満席になる盛況ぶりで、激励の拍手をいただくうちに、みるみる力がみなぎってまいりました。日曜日なので、お子様を連れた方々と多く出会いましたが、子どもたちの笑顔のように明るい滋賀県の未来を築く決意です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ツイッターでは既にご紹介しましたが、ひこね市文化プラザの会場には地元の方が私の似顔絵入りのオリジナルグッズまで作ってくださいました。手作りが故に伝わる、細やかなお心遣いと温かいお気持ちに感激しました。

オリジナルグッズ

東京からは山本一太・特命担当大臣、公明党の井上義久幹事長がご来県くださいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「政策も出来るし、視野も広いし、人柄もいい!投票日まであと1週間。死に物狂いで駆け抜ければ、必ず光をつかめる!」――ブログでもこのようにご紹介いただき、勇気がわいてきました。山本大臣、ありがとうございました。

井上幹事長は、滋賀県のブランドが低いことや、全国でも特に非正規雇用者が多い現状を挙げられた上で、「そうした課題を解決できるのは、こやりさんだけ。思いだけではできないが、強い思いと過去の実績から、滋賀県を元気にできる」と訴えられました。なお、国政上の課題ではありますが、時節柄、関心の集まる集団的自衛権の閣議決定も話題に上がりました。すでに公明党では、他国を防衛するためではなく、自国を防衛することに限定する等の条件により、政府・自民党と合意していますが、井上幹事長は「公明党はあくまで平和政党」と述べられていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日は、ご年配の方、介護の問題に強い関心をお持ちの方々も多くご来場いただきました。
県民世論調査でも「在宅医療の推進や介護サービス、医療施設の整備」が最重要項目に挙げられています。県民の皆様が求めるサービスにできるだけ答えるのが知事の責務です。本県は、人口10万人あたりの医師数が少なく、女性の健康寿命も低いことが課題です。医師確保に取り組むのはもちろん、看護師や薬剤師のみなさん、NPOなど市民団体のみなさんと、病院や医師のみなさんとの連携をすすめ、チームとして在宅医療や介護をすすめていく体制を構築していきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

残り1週間、戦いは激しく、厳しくなっていくでしょう。しかし、山本大臣や幹事長の力強いメッセージをいただけたことで、来場された皆さんや、そのご家族、ご友人へと熱が伝わっていくと確信いたします。昨日もFacebookに投稿しましたが、県民のみなさんと力をあわせて、国や市町と、議会とも協力しながら、課題を解決する。県民のみなさんが望む行政サービス、医療や福祉、教育や子育て支援、琵琶湖の再生を着実に実行していく。そんな知事として、ふるさと滋賀県の課題解決に全力を尽くし、やり抜く所存です。

では、また明日。

【7日の予定】
■候補者日程
7:00 小泉町交差点(辻立ち)
11:05 ベイシア彦根店(スポット演説)
11:35 パリヤ(スポット演説)

■個人演説会
19:00 多賀町 ふれあいの郷 犬上郡多賀町221-1
19:30 甲良町 甲良町公民館 犬上郡甲良町在士350
19:30 豊郷町 豊栄のさと 犬上郡豊郷町四十九院1252
19:45 東近江市 JA湖東本所 東近江市池庄507

■応援弁士
谷垣禎一 法務大臣
太田房江 参議院議員
小椋正清 東近江市長

seisaku

supporter

youtube

小鑓隆史 安倍昭恵さん 対談 PDFダウンロード

ページの先頭へ