滋賀から思いやりの政治を。
小鑓隆史 安倍昭恵さん 対談 PDFダウンロード

滋賀から思いやりの政治を。

お知らせ

◯小泉進次郎代議士の大津パルコ前での応援演説◯

この参議院選、歴史上初めて18歳、19歳のみなさんが有権者になります。
日本全国で、18歳・19歳は合わせて240万人。全国の有権者1億人の約2パーセントです。

イギリスがEUから離脱という衝撃のニュースを見れば、この2パーセントという重みがよくわかります。
「離脱」の投票をした人、51.9パーセント。
「残留」の投票をた人は、48.1パーセント。
もしも2パーセントの数字が違えば、世界はまったく違うことになっていたかもしれない。

そう考えると、今回の選挙で18歳・19歳の2パーセントの新しい有権者の存在が、場合によってはこの滋賀県の未来を変え、日本の未来を左右し、世界自体にも衝撃を与えるような結果になりうる。それぐらい重いことなんです。

そんな思いで、18歳・19歳のみなさんには自分たちの一票。
この重みを噛みしめてもらいたい。

だけど、だからと言って私は投票に行ってくれと、偉そうに言う資格はありません。

なぜなら、私自身18歳の時は、高校球児で野球のことしか考えていなかったから。
自分の18歳の頃を思い返したら偉そうに投票に行ってくれ、とは言えません。

しかしなぜ今回、選挙権を20歳からではなくて 18歳に下げたのかということ。
日本の人口は減ります。一方で、高齢化は進みます。

このままだったら、医療・介護・年金・子育て、次の世代に十分私たちの世代が享受しているものを、享受させられなくなってしまうから、全部の世代にバランス良く新たに考えなきゃいけないから、若い人たちの声を少しでも反映したいと思って、20歳からではなくて、18歳からに年齢を引き下げた。

その思いを、私はみなさんに伝えたい。

私たちは、投票に行こう。そう思ってもらえるように、7月10日まで訴え続けます。その結果、最後に考えた末に、こやりさんに投票しよう、そう思ってくれたとしたら、こんなに嬉しいことはありません。

最新のブログ

ご支援に感謝!新たなスタートラインと気を引き締めて頑張ります!(2016年07月11日 更新)

第24回参議院議員通常選挙で332,248 票をいただき、当選することができました。2年前の知事選から、これまでご支援いただいた皆様、本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。 投票箱が閉まる...

7.10 滋賀から思いやりの政治を。(2016年07月09日 更新)

こんばんは、こやり隆史です。 18日間の参議院議員選挙、全日程を終えました。 今日は大津市〜守山市〜栗東市〜草津市へと遊説し、再び大津に戻って最後の訴えに駆け回りました。途中、7会場の個人演説会(...

誠心誠意、最後まで闘い抜く。(2016年07月08日 更新)

選挙戦17日目を振り返り、つくづく大勢の方々のご支援がなければここまで闘って来られなかっただろうと思い、改めて感謝の気持ちで一杯になります。    本日は東近江市内の遊説に始まり、愛東〜湖東〜愛...

その他のブログを見る

sanin2016_300x250s2016 18v18voice_300x250 スクリーンショット 2016-06-28 19.16.35 スクリーンショット 2016-06-28 19.30.22

seisaku

supporter

youtube

小鑓隆史 安倍昭恵さん 対談 PDFダウンロード

ページの先頭へ